スノボの滑り方、ターンのコツをもっと知りたい? それならスクールへ!

スノボを始めてしばらくのうちは、ただただ「楽しい!」って感じていることでしょう。でも、そのうちに物足りなくなったり、悩みが出てきたりするものです。
「もっと上手に滑りたい!」
「急な斜面にも挑戦したい!」
「なんでキレイなターンができないんだろう……」
目標に到達できたり、悩みが解消できたりすれば、スノボはもっと面白くなるのに……。
そんなときの強い味方が、スノーボードスクール。スクールには、初心者、初級者が入るものと思われるかもしれませんが、中級者~上級者、いやいや超上級者になっても、スクールは利用価値大! アナタの滑りが格段によくなること間違いなしですよ!

ターンが上手くできない!「壁」を感じたらスクールに入ろう

上達するにはスクールに入るのが近道! とはいえ、スキー場に行くたびにスクールに入るというのは、お金もかかるし、自由に滑る時間が減る(=滑る距離が伸びない)ので、あまりおすすめはしません。

経験者がスクールに入るのは、ズバリ、「壁」を感じたとき。「ここまでできているんだけど、どうしてもその上に到達できない」。それは、カービングターンかもしれないし、急斜面の攻略かもしれません。初心者~中級者のレベルでは、ヒールサイド(カカト側)のターンは上手にできるけど、トゥサイド(つま先側)がうまくできない、なんて悩みが多いもの。課題や悩みを抱えたままの状態で、いつものように滑っていても、上達は望めませんよね。

だからこそスクール! レッスンを受ければ、インストラクターがアナタの滑りのいいところを伸ばしつつ、欠点を的確に指摘してくれます。自分の欠点は、自分ではなかなか気づかないもの。プロのインストラクターから客観的に見てもらうことは、とても大切なのです。

また、壁を感じたときだけでなく、シーズン初のスノボに行くときも、レッスンを受けることはとっても有効。シーズンの最初というのは、昨シーズンに覚えた技術をかなり忘れてしまっているからです。スクールで復習して、体に思い出させることで、その後の上達速度がぐっと早くなりますよ!

【コラム】初心者には経験者のレッスン内容は難しい?

教え方は、初心者レッスンより少し難しく、場合によっては厳しいと感じることがあるかもしれません。でもそれは、理由があってのこと。新しい動き、新しいチャレンジをすることが上達には必須だからです。とくに、運動神経がよくて、インストラクターが「見込みがある!」と思った生徒ほど、難しいテーマにチャレンジさせられる(?)傾向があります。厳しいレッスンは、むしろアナタに隠れた能力がある証かも?

スクールって初心者向けでしょ? いえ、超上級者まで対応してくれます

スノボスクールでは、初心者・初級者・中級者、そして上級者と、レッスンをクラス分けしています。スクールのなかには、さらにその上、「もうインストラクターもできるんじゃないの?」ってくらいの人に向けたレッスンを行なっているところもあります。

どのレッスンを受けるかは自己申告が基本ですが、実際にアナタの滑りを見て、そのクラスに合わないようならクラス替えをしてくれることがほとんどです。とはいえ、自己申告をできるだけ正確にしておくに越したことはありません。予約や受付の際に、スタッフとよく話をしておきましょう。「こんなことができるようになりたい」「ここに悩んでいる」という具体的なポイントがあれば、それを伝えるのも大切です。

たまにあるのは、自分では上級者の仲間入りをしていると思っているのに、中級クラスに入れられてしまった……なんてケース。その逆ならちょっとうれしいですが、これはちょっと納得いかないですよね。でも、それは「プロの目」の判断。素直にインストラクターの教えを聞くのが上達への近道です。

【コラム】同じスクールに通ったほうが効率的?

定期的にスクールに通おうと思うなら、同じスクールに行くほうが効率よく上達できます。何回か通っているうちに、インストラクターがアナタのことを、滑りの特徴や欠点、そして上達するためのカギにいたるまで理解してくれるようになるからです。たとえ同じインストラクターでなくても、担当のインストラクターに前回のインストラクターがアナタのことを「申し送り」するなど、アナタが効率よくレッスンを受けられるように考えてくれるものです。

もちろん、「なんとなく自分に合わないな……」と感じることが多いのなら、ほかのスクールを探すほうがベター。スクールの雰囲気も、インストラクターの教え方も「自分にぴったり!」と感じたら、そこに通い続けることをおすすめします!

フリースタイルを極めたいアナタにもスクールは強い味方!

グランドトリック(オーリーやスライド/スピントリックなど)、ジビング(ボード/レールトリック)、キッカー(ジャンプ台)、さらにはハーフパイプ。スノボの魅力を、これらフリースタイルに求めている人も多いでしょう。とはいえ、とくにジビングやハーフパイプは、未経験者がトライするには、かなり敷居が高く感じられるもの。それに失敗すると痛そうだし……ね。

スノボスクールのなかには、フリースタイルのレッスンを行なっているところがあります。経験者のレッスンに、グランドトリックやキッカーをひとつの遊びとして組み込むところも多いようです。

フリースタイルを専門に教えるレッスンを展開しているスクールも、少数ながらあります。「本格的にフリースタイルをはじめたい!」というアナタ、そして「フリースタイルを極めたい!」というアナタには、こうしたスクールが一番のおすすめです。

【コラム】フリースタイルを楽しめるスキー場は?

最近は、キッカーやボックス・レールを設置したスキー場が増えています。ここではすべてを紹介するスペース的な余裕がありませんが、HPで「スノーパーク」と検索すれば、高い確率でヒットするはず。ハーフパイプがあるスキー場は、決して多くはありませんが、これも検索すれば出てきます。

スノーパークが充実しているスキー場には、やはりフリースタイルに力を入れたスノボスクールがあるもの。フリースタイル派なら、スキー場とスノボスクールの両方を、事前にしっかりチェックしておきましょう!

初心者向けだけじゃない! 各々の目標に合わせてくれるスクール

初心者を卒業したあとも、スクールでレッスンを受けるのはとてもいい考え。上達が早くなり、ますますスノボが楽しくなるはずです。

「友だちよりも上手くなりたい!」「気になるあの子に注目されたい!」「いつかプロになりたい!」など、上達したい理由は人それぞれ。目指すスタイルも、フリーラン(自由滑走)、レース、フリースタイルと違っていて当然です。スノボスクールは、そうしたさまざまな目標に対応してくれます。悩みがあったり、目標ができたりしたら、まずはスノボスクールに相談してみましょう!

 

スキー場の情報、お得なパックツアーなどを探すならこちら

<オリオンツアーTOPページ>