初心者必見! スノボ&スキーの道具・ウエアレンタル術

初めてスノボ&スキーをするにあたって、道具やウエアを最初から買い揃える必要はありません。だって、レンタルという便利なシステムがあるのですから。ほとんどのスキー場では、スノボ&スキーやブーツのレンタルが用意されています。最近は、ウエアや小物類まで貸し出してくれるところも増えているんですよ!えっ? 「レンタルってカッコ悪いものばかりじゃない?」ですって?いえいえ、道具もウエアも、最新のものを取り揃えているレンタルショップがずいぶん増えているのです!

「手ぶらで行ける!」がレンタル利用の最大のメリット

初めてのスノボ&スキー。やる気まんまんで道具もウエアも揃え、いよいよスキー場に行く当日! ……道具が重くて、友だちとの集合場所へ行くのもひと苦労。今では、スキー場内にレンタルショップが開設されているのは普通。むしろ、レンタルショップがないスキー場を探すほうが難しいくらいです。これを利用すれば、移動の大変さは簡単に解決!

小学校~高校のスキー学校などでレンタルを利用したことのある人は、レンタル=古くてボロボロというイメージをもっているかもしれませんネ。でも、それは昔の話。なかには最新モデルを貸し出してくれるレンタルショップもあるくらいです!

最近は、道具だけでなく、ウエアの貸し出しも当たり前になってきました。さらにはグローブやゴーグル、帽子などを貸し出してくれるところもあって、まさに「手ぶらで行ける!」。初心者のアナタはもちろん、初心者の友だちを連れていきたい人にとっても、これはうれしい限りです!

最後に大事なことをひとつ。レンタルを利用するには、身分証明書の提示を求められるのが普通です。免許証や学生証、保険証などを必ず用意しておきましょう!

手ぶらでスキー、スノボを楽しみたい方はこちら

<手ぶらでラクラクプラン>

【コラム】インナーウエアと靴下だけは自分のものを絶対用意しておこう!

スノボ&スキーに必要なもののほとんどすべてがレンタル可能でも、借りられないものがあります。それはインナーウエアと靴下。インナーウエアとは、「ヒートテック®︎」のような保温性(機能性)下着のこと。寒くないように、また、汗をかいたあとに冷えないように、タイツ(レギンス)と長袖のシャツを用意しておきましょう。

ちなみに、インナーウエアとスノボ&スキージャケットの間に着るものは、化学繊維でできたものがおすすめです。コットン製だと、かいた汗が繊維にしみ込んで濡れたままになり、冷えの原因になるんです。同じ理由で、下着も化学繊維製のスポーツ用が快適ですよ。

靴下は、スノボ&スキー用、もしくはトレッキング用の、中厚手のタイプがおすすめ。どちらもスポーツ量販店などで購入できます!

とくに初心者~初級者にボード&スキーのレンタルがおすすめな理由

少し滑れるようになると、自分のボード&スキー板がほしくなるもの。でも、ちょっと待った!

初心者を脱した人にとっても、レンタルはとても便利。というのも、スノボ&スキーがどんどん上達していく間は、最適なボード&スキー板も変わっていくからなんです。スノボもスキーも、初心者のときは短かくてコシが柔らかいいもののほうが扱いやすいんですが、うまくなってきて、速いスピードで滑れるようになると、少しサイズを変えたり、またしっかりしたコシのあるタイプのほうが安定します。

うまくなったときのために、最初からそのようなボードやスキー板を買ってしまうと滑りにくくなってしまったり、といってイージーなタイプを購入しておくと、今度は上達したときに物足りなくなってしまったり……。ですから、しばらくはレンタルがおすすめなんです。

なかには、上級者が十分満足できるような高性能のボード&スキー板をレンタルしているスキー場もあります。最新モデルを借りられるところもあって、シーズン初期に試し乗りする目的でレンタルするエキスパートもいるんですよ。

【コラム】レンタルの際はスタッフからしっかり用具の説明を受けよう!

初めてのスノボ&スキーなら、道具のことがまったくわからないのが普通。レンタルショップが混雑しているときなど、遠慮して十分な説明を受けないままに道具を借りてしまう人も見受けられますが、自分が初心者であることをはっきり伝えて、ボード&スキー板のサイズ選びや、ブーツの正しい履き方などをよく説明してもらいましょう。

ブーツは、実際に滑ってみるとユルかったり、逆にキツく感じたりすることもあります。ボードでたまにあるのは、レギュラースタンス(左足が前)だと思い込んでいたのに、スクールに入って確認してみたらグーフィースタンス(右足が前)だった、なんてケース。いずれの場合も、「自分が間違ったのが悪い」と諦める必要はありません。レンタルショップに行ってすすぐに交換してもらいましょう。そのことで追加料金が発生することはありません。

レンタルにはカワイイ&カッコいいウエアもたくさんあります

ウエアをレンタルできるスキー場も増えてきました。オシャレ&カッコいいウエアばかりを取り揃えているところも少なくありません。ウエアは毎年のようにニューモデルが登場するので、トレンドを追いかけるのは、よほど財布に余裕がなければ無理。かといって、量販店などで安く売られているウエアを手に入れるくらいなら、むしろレンタルのほうが高品質なこともあります。その日の気分でウエアを選べるのも、レンタルのメリット。ジャケットとパンツのコーディネートだって楽しめちゃいます。

でも、ひとつだけ注意があります。レンタルウエアの数には限りがあるので、早めに借りないと選択肢が狭まってしまうということ。ボードやスキー板を借りる前に、ウエア選びを済ませてしまったほうがいいかもしれませんね。

ウエア以外に、グローブやゴーグル、帽子といったウエア小物を貸し出してくれるスキー場もあります。ただしその多くは、オシャレなものを取り揃えている……というところまでいっていないのが現状。でも、初心者にとっては十分です。買うより安いしね!

レンタルのウエア小物にどうしても満足できないなら、自前で揃えましょう。多くのスキー場内のショップでは、これらウエア小物を販売しています。最近は「とりあえず」的なものではなく、機能性・ファッション性に優れたものを取り揃えているところも多いんですよ!

【コラム】ウエアだけじゃない!レンタルでいろんな遊びを楽しんじゃおう

ここまで読んでくれたアナタに、さらにスキー場を楽しむレンタル術を教えちゃいましょう! それは、スノボ&スキー以外の道具を借りてみるということ!

誰でもできて楽しいソリ遊びに加え、チュービングやスノースクーターなど、ゲレンデを楽しむアイテムはほかにもかなりあるんです。これならスノボ&スキーの初心者も経験者も、いっしょに楽しめちゃいますよ。

事前に価格とラインアップを確認しておくのがレンタルの上手い活用法

レンタルの進化には、眼を見張るものがあります。「買うより借りるほうが賢い」といったほうが正しいかも。自前の道具は、愛着を感じられる反面、手に入れるのにお金がかかるし、運ぶのは大変だし、家での収納にも悩まされるし、ということで、とくにバスツアーでスキー場へ行く人にとっては苦労が多いのが実際のところなんです。

なお、どんなボード&スキー板、ウエアを貸し出しているかはスキー場によって差があります。できれば事前にスキー場の公式Webサイトなどを見て、レンタル料とともに内容をチェックしておきたいものですね。