舞子スノーリゾート◆ふわふわ天然雪と全長6kmのロングクルージングが人気!ホスピタリティ最高のスマイルリゾート

2019年に60周年(1959年開業)を迎える「舞子スノーリゾート
関越道塩沢石打ICから約1分と車のアクセス抜群!新幹線で東京駅から約1時間半、また日帰り用の施設が充実しているので、日帰りスキーヤー&スノーボーダーにも人気のスキー場です。

1959年に東京ドームの前身、後楽園スタジアムによって設立され、当時の名称は「石打後楽園スキー場」。こちらの名前に馴染みがある世代も多いのでは?
その後、東京ドームグループ会社が「舞子高原後楽園スキー場」として運営。2007年「セントレジャー・舞子リゾート」となり、2011年から株式会社スマイルリゾートが事業を継承し、現在の「舞子スノーリゾート」という名称になったそうです。

筆者は日帰りで丸一日かけて回りましたが、全コースを制覇するには一日だけでは駆け足で物足りない!
そしてせっかく舞子スノーリゾートに来たからには、滑る以外にも充実した施設やホスピタリティを満喫したい!
ゲレンデ直結のホテルやロッジもあるので、ぜひ宿泊してゆっくり楽しむことをおすすめします。

それでは、特派員の私が訪れた1月25日時点でのゲレンデ・コース情報を写真付きで紹介します。

コンテンツ

奥添地・長峰・舞子 3つのエリアに26コース

1,111mの飯士山山頂から最長滑走距離約6,000m、全26コースのゲレンデは、日帰りスキーセンターのある「長峰」、山頂上部に広がる「奥添地」、舞子高原ホテルとロッジのある「舞子」の3つのエリアで構成されています。

  • 奥添地エリア:上級者にぴったり。自然を活かした全8コース。非圧雪エリアやパウダースノーが人気
  • 長峰エリア :中級者におすすめ。眺望抜群の全5コース。最長滑走距離6,000mが楽しめる
  • 舞子エリア :初級者~上級者までOKの全14コース。キッズパークやスノーパークも

スノーボードは全面滑走OK!スキーヤーとスノーボーダーの比率は6:4。18才と19才はリフト券が無料になるスマイル18」「雪マジ!19」、20才~22才はリフト1日券半額の「雪マジ!20」「スマイル21・22」など若い世代向けの特典が充実しているので、若者を中心に小さなお子様からベテランシニアまで幅広い世代で賑わっていました。

まずはゴンドラに乗って山頂へGO!奥添地エリア・長峰エリアを滑り尽くす

日帰りスキーセンターを出て直ぐの場所にあるのが「長峰ランランコース」
初級者の練習やシーズン始めの方、ブランクがある方は、まずここでウォーミングアップ。

慣れたら早速ゴンドラに乗って、山頂エリアのゲレンデへ。ゴンドラ運行時間が15時*までと限られているので、先に向かうことをおすすめします。
(*運行時間は変わるため当日現地でご確認を)

ゲレンデからみた日帰りスキーセンターのエントランス。左側にゴンドラ乗り場があります

長峰ランランコース。全長1,000m、最大斜度10度、平均6度 幅が広くストレートな斜面は足慣らしや初心者にピッタリです

ゴンドラ山麓駅乗り場。日帰りスキーセンターを出て、外階段を上がります

左がおひとり様専用レーン。スノーボーダーはここでカバーを着用

オリオンツアーのラッピングゴンドラ

この日、到着したときは降雪。撮影には不向きだとあきらめていたら…つづきは下の写真をごらんください

ゴンドラが雪面をかすめるほどの積雪量。さすがは豪雪地帯です

ゴンドラ山頂駅にあるゲレンデマップも雪に埋もれてこのとおり。積雪量の多さがわかりますね

右に行くと、山頂に広がる奥添地エリアへ。左は山麓まで続く長峰エリアへ

ゴンドラ山頂駅を下りてすぐの「ルンルンコース」 。真正面に見える建物はスカイドームレストラン、ゲレンデは「サンサンコース」です。しばらくすると、頭上から日が射してきました

まだ雪がちらついていますが、みるみるうちに舞子周辺に青空が広がってきました

奥添地エリア◆自然の起伏を活かした全8コース。中級者・上級者にはたまらない!非圧雪の天然パウダースノー

(初級)ルンルンコース、奥添地ランランコース

  • ルンルンコース:全長300m、最大斜度12度、平均10度
  • 奥添地ランランコース:全長1,000m、最大斜度10度、平均6度

ゴンドラを下りたらすぐの「ルンルンコース」。初心者向けバーンで足慣らしにもピッタリ。
いきなりこの斜度はキツイという方は、迂回する「奥添地ランランコース」もあるので安心です。

ゴンドラ下りて真正面の「ルンルンコース」 右側の林間に迂回の「奥添地ランランコース」があります

ゴンドラ降り場から「ルンルンコース」を下りて、奥添地エリアに向かいます

左に行くと日帰りセンターや舞子ホテルなどのある下山コース「奥添地ランランコース」へ。右に行くと奥添地エリア

(中級)スイスイコース (初級)ラクラクコース

  • スイスイコース(中級):全長500m、最大斜度20度、平均10度
  • ラクラクコース(初級):全長400m、最大斜度9度、平均6度

スカイドームレストランを横切り緩やかなスロープ、そしてガクンと斜度がきつくなる中斜面へ続きます。迂回の「ラクラクコース」が 接続しているので初心者も安心です。

スカイドームレストランから見たゴンドラ山頂駅とカフェ「ITADAKI」。この辺りは緩やかな傾斜です。ちなみにスカイドームレストランは週末のみ営業

斜度20度の中級者「スイスイコース」。ふわふわのパウダースノーなので雪面は柔らかく、板が雪に取られる心配もありません

幅も広めなのでショートターンだけではなく、大きなターンも楽しめる

午前中の積雪で、コース脇は膝下深雪も楽しむことが。迂回のラクラクコースは写ってはいませんが画面の右側にあり、リフト乗り場手前で合流

リフト乗り場から。右から上級者向け非圧雪の「ゾクゾクコース」、初級者迂回「ラクラクコース」、ドームレストランが見える中級者バーン「スイスイコース」、一番左が中級者向け「グイグイコース」

(中級)グイグイコース、サンサンコース (上級・非圧雪)グングンコース、ゾクゾクコース

  • グイグイコース(中級):全長940m、最大斜度23度、平均13度
  • サンサンコース(中級):全長300m、最大斜度13度、平均10度
  • グングンコース(上級):全長820m、最大斜度24度、平均15度
  • ゾクゾクコース(上級):全長410m、最大斜度28度、平均20度

奥添地エリアは、ほぼ中級者と上級者向け。コースの名のとおりグイグイ滑るバーンとグングン攻めるバーンで実力を試したい、発揮したい方におすすめ。一番上の奥のエリアということもあって空いています。

奥添地クワッドリフトで山頂へ

リフトを下りて右に曲がった場所からの眺め

黄色い看板が「グイグイコース」。真正面にゴンドラ山頂とカフェ「ITADAKI」の建物が見えます

放射状に広がっているため圧迫感がないので、ハイスピードターンが楽しめます。ゆっくり滑れば初級者でも大丈夫

降ったばかりの雪なので柔らかく見た目よりも滑りやすい

非圧雪の「グングンコース」。広めのバーンで空いているので、中級者がチャレンジするのにもおすすめ

最大傾斜24度、非圧雪の上級者向けなので、滑っている人はまばら

「サンサンコース」は適度な長さとコース幅で斜度もきつくないので、練習するのにおすすめ

上部白い建物が長峰第2クワッド降り場。ゴンドラ以外で、マウンテンレストラン近くのこのクワッドを使って奥添地に行けます

レストラン情報☆「ITADAKI」「Skydome Restaurant」

ゴンドラ降りてすぐ!山頂からの絶景が楽しめるカフェ「ITADAKI」

パノラマビューの絶景が楽しめるテラス席もあるようです

「Skydome Restaurant」 土日祝(~15時)のみ営業なので、この日はクローズ。1F半分は雪で埋もれています

長峰エリア◆中級者におすすめ!眺望抜群の全5コース。最長滑走距離6,000mのロングクルージングが楽しめる

(中級)ギンギンコース、ビュンビュンコース (上級)ガンガンコース

  • ギンギンコース(中級):全長670m、最大斜度22度、平均15度
  • ビュンビュンコース(中級):全長800m、最大斜度17度、平均10度
  • ガンガンコース(上級):全長800m、最大斜度24度、平均14度

同じ斜面に初級・中級・上級が楽しめるコース設計。奥添地から続く初級者迂回コースの「ランランコース」もあるので、レベルが違う仲間で来ても、別々に滑って下の合流地点で落ち合うことができますね。

「ギンギンコース」は舞子の隠れた名コースとのことで、視界が広がり眺めも美しい

「ビュンビュンコース」は多くのスノーボーダーで賑わっていました。初級者は右に林間を抜ける迂回の長峰ランランコース

「長峰ランランコース」、真正面の上級「ガンガンコース」、左から中級「ギンギンコース」の合流地点

「ビュンビュンコース」上部が若干狭め。ショートターンでスピードコントロールが必要です

「ビュンビュンコース」左側から林間コースと合流。上に見えるゲレンデは上級の非圧雪「ガンガンコース」と長峰第2クワッドリフト

「ビュンビュンコース」「ランランコース」が何度か合流する地点もあるので、緩急楽しむことができます

(初級)長峰ランランコース、チョイチョイコース

  • 長峰ランランコース:全長5,000m、最大斜度9度、平均6度
  • チョイチョイコース:全長700m、最大斜度5度、平均4度

奥添地エリアから続く「ランランコース」は滑走距離5km。上部は幅の狭い林をカーブしながら抜けて行きます。初級コースとはいえ、ノンストップで下りればかなりの体力が必要です。

長峰第1クワッドリフトを降りて右に進むと「チョイチョイコース」へ。超緩斜面の静かな林間コースで、ゆっくりと練習するにはおすすめです。

「ビュンビュンコース」「ランランコース」合流地点

いったん立ち止まる人が多い地点です

長峰第2クワッドリフト、マウンテンレストラン周辺からの眺め

「長峰ランランコース」日帰りスキーセンターまでもう少し

オリオンツアーのラッピングゴンドラは、黄色が青空に映え、視界が悪いお天気でも目立ちますね

「チョイチョイコース」静かな林間コースで、初心者の練習には穴場スポット

最後にはトンネルも。また黄色のオリオンツアーゴンドラ! これを見ると幸せになるとか?ならないとか?

舞子エリアと長峰エリアを結ぶ連絡リフト乗り場。日帰りセンターやホテル利用者は運行時間を事前に確認してから行き来するように気をつけましょう

レストラン情報☆「MOUNTAIN RESTAURANT」

マッシュポテトサンデー ガーリックトースト・チーズ付き 800円 ソースはデミグラス、カルボナーラ、トマトから選べます

青空と越後の山並みを望みながら味わうひととき

注文をして右側レジで精算

舞子エリア◆初級〜上級者までOKの全14コース

(初級)バンビコース、キンダーコース、イージーコース、パラダイスコース

  • バンビコース:全長1,430m、最大斜度9度、平均7度
  • キンダーコース:全長930m、最大斜度10度、平均8度
  • イージーコース:全長300m、最大斜度9度、平均7度
  • パラダイスコース:全長760m、最大斜度15度、平均10度

舞子エリア下部は幅広でストレートの見晴らしの良いコースが6コースがあり、スノーボードを始めたばかりの初心者や初級者で賑わっています。

ナイターに対応しているのも、ここ(バンビコースを除く)。日中とは違った冷えて固くなったバーンなど、特にゲレンデ直結のホテル宿泊客はロングタイムで楽しめます。

舞子エリアの連絡リフト乗降り場

リフトから下りてそのまま滑ると「バンビコース」に繋がる

ゲレンデ下からみて、一番左の「バンビコース」 初級者の練習にピッタリ

左の建物は舞子高原ホテル。右側にそり専用の「ファミリーコース」「ロマンスコース」がある

幅が広く緩やかな「キンダーコース」視界も広いので子どもも安心

舞子高原ホテルから出て直ぐ。左に舞子センタークワッド、右に舞子トリプルがあります

スキー・スノーボードスクールは、舞子高原ホテル目の前

メインコース「パラダイスコース」から続く「イージーコース」 平均斜度7度の超緩斜面なので、スノボ初デビューに最適

舞子エリアのメインコース「パラダイスコース」 緩やかで幅広ストレートの斜面は滑りやすくて人気

ゲレンデの真ん中にある「飯士山荘」 ここのライブカメラでゲレンデや積雪状況が確認できます https://www.iiji3so.com/pc/live_hist.htm

リフト降りて直ぐ左が「パラダイスコース」。さらに進んで左に行くと「キンダーコース」

リフト降りてすぐの「パラダイスコース」。標高の高い奥添地エリアに比べて、雪はサラサラでバーンは固め

(中級)リーゼンコース、ブロンズコース

  • リーゼンコース:全長680m、最大斜度18度、平均9度
  • ブロンズコース:全長500m、最大斜度18度、平均14度

舞子エリアの上部に中級者向けコースが集中しています。行くには一番右の舞子トリプルリフトを利用します。

リフト降りて右に行くと上級者向け非圧雪の「チャンピオンコース」と中級者向け「ドルフィンコース」。左に行くと中級者の「ゴールドコース」「シルバーコース」「ブロンズコース」へ。
中級者メインなので、比較的空いている穴場的スポットです。

リフト運行時間上、ブロンズコースリーゼンコースしか写真が撮れていませんことご了承ください。

左が中級者向け「リーゼンコース」 下部で左にカーブしながら落ちていきます

舞子で競技会をする際は、この「リーゼンコース」を利用するそう。アルペンスキーヤーはぜひお試しを

広くて見晴らし抜群の「ブロンズコース」 そのまま一気に下のリフト乗り場まで滑れば気分爽快です

キンダーコースに繋がる下部からの眺め。ナイターはまた違った幻想的な光景に包まれます

真っすぐ進むと木々に囲まれた「森のステージ」

日帰りスキーセンターがある長峰エリアへの連絡リフトは右へ

シャトルペアリフト連絡コース。迷わないようにあちらこちらに親切な標識が

舞子エリアと長峰エリアへ行く際には、必ず当日の運行状況を確認しましょう。万が一乗り遅れたら無料シャトルバスがあります

上記以外のコース・アクティビティ

リフト運行時間の関係上、以下コースの撮影まで追いつかなかったので、舞子スノーリゾート公式サイトからの引用となります。

  • チャンピオンコース(上級)全長170m、最大斜度32度、平均30度 
    気象条件付きコース!距離は短いが、舞子最難関のバーンが待ち受ける
  • ドルフィンコース(中級)全長1,370m、最大斜度29度、平均11度
    迂回路、初級者コースが無いので注意! 緩急そろったコースは、トレーニングにピッタリ。 降雪後は深雪が楽しめる
  • ゴールドコース(中級)全長180m、最大斜度27度、平均22度
    パウダーにコブに、舞子エリア人気の中級バーン。 中腹からの落とし込みで、一気に加速するので注意
  • シルバーコース(中級)全長300m、最大斜度26度、平均21度
    コース幅が狭く、緩急続くテクニカルコース
  • ファミリーコース(初級)全長480m、最大斜度7度、平均6度
    舞子パーキングへ続く初級者コース。 400mのそり専用コースも併設
  • ロマンスコース(初級)全長830m、最大斜度8度、平均7度
    緩やかに続く長いコース。 
    舞子旅館街が一番近いコース

  • ISBJORN 森のステージ(初級)
    地形を活かした、森林の中を滑り抜けるコース。 コース途中にあるツリーハウス「マウンテンクルーソー」で、 ゲレンデウォッチングも楽しい!
  • メロディライン(初級)
    パラダイスコースに隣接したコース。ベルを鳴らしながら楽しく滑ろう!
  • MAIKO SNOW PARK”GARDEN” BackCountryMaiko上部
    コースを延長し、最大10HITが可能!個性豊かなアイテムで、GARDENを遊び尽くそう!
  • MAIKO BANK YARD ドルフィンコース内
    バンクやウェーブから構成されるBANK YARD! 自由なラインで楽しめる、全ユーザー対応のスノーアトラクション!
  • STEP UP PARK パラダイスコース内
    ビギナー向けのSTEP UP PARKは ELECTRICとタイアップ!定期的に変わるレイアウトを滑り倒してスキルアップを目指そう!
  • スノースクート・スノーモト 滑走エリア:舞子ゲレンデ (ファミリーコース除く)
  • スマイルキッズパーク スノーエスカレーター完備!!
    入場料1名様500円(3歳以上有料)
  • そり専用コース 全長400m、最大斜度7度、平均6度(毎週土日祝のみ営業)

レストラン情報☆「cafeteria VIEW」「BACK COUNTRY MAIKO」

舞子高原ホテル2階にある「cafeteria VIEW」 ゲレンデ直結、ゲレンデが見渡せる広いレストランです

ゲレンデからすぐの場所には無料休憩スペースも。メインダイニング「GALLERY」は左

スノーパーク下にある「BACK COUNTRY MAIKO」雪上BBQや本格石窯焼きピザなどが味わえるそう

 

日帰りスキーセンターに戻る頃にはすっかり日が暮れて…夕陽から一直線に伸びる飛行機雲が

  • 舞子スノーリゾートへのオリオンスキーツアーはこちら

日帰りスキーセンター案内◆スキー・スノーボード以外のホスピタリティが充実!

スキー&スノーボードを楽しんだあと、ぜひ立ち寄ってほしいのが「日帰りスキーセンター」
さまざまなお客様に対応・配慮した”おもてなし”を感じることができるからです。スタッフの方々の笑顔や親切丁寧な対応はまさにスマイルリゾートです。

フロアごとに一部を紹介します。

1F:レンタル BRAND VIKING

自分で選べて、何度も交換OKのブランドバイキングシステム。ウエア → ブーツ → 板・ストックの順で選べるように順路の工夫がされています。

レンタルの受付カウンターは入口入って右

まずは黄色い機械で申込記入用紙をプリントします

レンタル申込用紙。必要な項目を記入して受付カウンターへ

受付が終わったら「レンタルバイキング」へ

受付のディスプレイでは、使用する際のポイントの動画も

まずは、ウエアからセレクトスタート

上下別々で自由に組み合わせて選べます。悩んでしまうほど種類豊富

サイズも大小さまざま揃っています。途中で交換もOK!

ウエアの次はブーツ。サイズはもちろん、レベルに合わせたモデルが選べます

スノーボードブーツも多種多様

どれを選べば良いのか悩んだら、スタッフの方が親切に選んでくれます

ボードも人気モデルが揃っています。この機会に試してみては

こちらはスキー板コーナー。身長より短めを選ぶのが今どきだそう

スキー板もレベルや好みに合わせて選ぶことができます

最後にスタッフの方がビンディングを調整してくれます

1F:エントランス、チケットカウンター、更衣室、レストラン、ショップなど

日帰りセンター外観。越後湯沢駅などへ行く無料シャトルバスや旅行会社ツアーバスの乗り降りはここ

入口入って直ぐ目の前にインフォメーションセンター

閉館近い時間の入口からの様子。真正面がゲレンデに繋がる入口。右手前から更衣室やチケットカウンター、自動販売機コーナー。左手前からショップ、レストランがあります

館内全体が木の温もりが感じられる雰囲気にまとめられています

リフト券やスクール、宅急便受付カウンター

更衣室とロッカールーム。右奥にロッカーが続きます。清潔感漂う香りなどにも配慮したキレイな空間です

レンタル受付カウンター。こちらも木の温かみを感じる雰囲気

スポーツ用品はもちろん、おもしろグッズまで揃うショップ「Gelespo」

何があるかチェックするだけでも楽しい

入口入って右にあるお土産ショップ。舞子スノーリゾート限定から新潟の特産品、地酒などが揃っています

ゲレンデ入口すぐの無料休憩スペース

ゲレンデ入口すぐのレストラン「Pixy Plaza」

新潟ラーメンやたこ焼き、カフェなど6店舗があります

3F:無料休憩室・仮眠室、レストラン「WILD GEESE」

お土産ショップ隣りのエレーベーターで上階へ

「Restaurant WILD GEESE」は土日祝のみ営業。ホテル仕込みのローストビーフ丼は数量限定で人気

広々とした開放感たっぷりの休憩室。休憩所としての利用は8:30~18:00。金土の23:45~8:00は有料仮眠室に(ひとり2200円スパ利用付)

ゲレンデを見渡せる大きな窓。室内で待ちながら外の様子を確認できるので、お子様連れでも安心ですね

4F:スパ舞子温泉・リラクゼーションルーム

スキー&スノーボードを楽しんだあとは温泉で洗い流してスッキリさっぱり

日中入浴料金は大人800円、中高生と55歳以上700円、小学生600円。タオルがなくてもレンタルもあります

女湯に向かう途中には、マンガコーナーが

その数約2000冊だそう。深夜や早朝に到着してゲレンデオープンまで時間がある時に利用できそうですね

有料のリクライニングベッド付きリラクゼーションルーム。深夜着で仮眠もOK。女性専用もあるそう

受付カウンターのすぐ右は男湯、左奥は女湯

浴室からはゲレンデが一望できます(こちらは男性浴室)

2F: キッズピット・キッズルーム(託児所)・キッズパーク

託児所やファミリースペースなど2階全体、小さなお子様連れには嬉しいフロアになっています

1Fにある有料充電器。スマホの充電が切れそう、充電器忘れた、そんな時はぜひご利用を

充電ジャックは、5タイプに対応しています

入口前のシャトルバス発着所。越後湯沢駅から来る場合は、東口を出て右に歩くと無料シャトルバス専用乗降所があります

お得情報・アクティビティー

「スマイル☺18」「雪マジ!19」18歳と19歳はリフトに何回乗っても無料

無料チケット取得:スマイル☺18 雪マジ!19

雪マジ!20」「スマイル☺21・22」20歳、21歳、22歳はリフト一日券半額

半額チケット取得: 雪マジ!20 スマイル☺21・22

「サービスデー」女子割、男子割、ちやほやお誕生日割ほか

  • 女子割:毎週水曜日 舞子1dayパス3,600円(通常4,700円)
    日帰りスキーセンター スパ舞子温泉半額などほか特典あり
  • 男子割:毎週木曜日 舞子1dayパス3,600円(通常4,700円)
    日帰りスキーセンター スパ舞子温泉半額などほか特典あり
  • ちやほやお誕生日割:誕生日当日、または前後1日にご来場の本人とお連れの方計5名様まで舞子1dayパスが3,000円
  • ちやほやマイコさん割:名前が「マイコ」さんご本人とお連れの方計5名様まで舞子1dayパスが2,500円
  • スキーこどもの日:毎月第3日曜日は小学生リフト券が無料

ポイントまとめ

  • 初級から上級まで楽しめるスキー場
  • 初級者40%、中級者40%、上級者20%
  • スキーヤー6割、スノーボーダー4割
  • 26コース、最長6,000m、最大斜度32°、リフト11基
  • 初心者スノーボーダーの割合が多い。合流地点は危険。要注意。
  • 舞子ゲレンデは初心者向け。小中学生の講習に利用
  • 舞子エリアの上部(舞子トリプルリフト)は、中級者・上級者向けで、あまり混雑しない穴場
  • 奥添地エリアは中級者・上級者向けエリア
  • 長峰エリアは初級者向けだが、ロングコースが多い
  • 初級者でも山頂から迂回コースを使って滑り下りることができる
  • 連絡コースは、斜度がほとんどないので進まない
  • 斜度が緩く、スケーティングが必要な場所も多い
  • 上級者向けは非圧雪のパウダースノーが楽しめる
  • 雪質が上部と下部で違う
  • 終了時間が早い。のんびり休憩をしていると閉まってしまう
  • ナイターが舞子エリアだけなので、日帰りスキーセンターに車を停めると滑って戻れないので注意
  • 1日券でナイターまで可能
  • ゴンドラの終了時間が早いので、乗るなら早めに
  • スタッフが全員笑顔で対応も良い
  • 日帰りスキーセンターなどの施設全体、清潔感がありきれい
  • 日帰りスキーセンター3Fの無料休憩所は、広々でゆっくりとくつろげる
  • 日帰りスキーセンター4Fに温泉がある
  • 舞子高原ホテルやロッジはゲレンデ直結なのですぐにスキー場へ行けて戻ることも可能
  • 食事は全体的にレベルが高い
  • 塩沢石打ICから1分と近いので、雪道の心配もなく運転が楽
  • 新幹線越後湯沢駅から、無料シャトルバスもあり便利
  • 平日と日曜日は駐車場が無料。土曜日も15:00以降は無料

*・。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。. .・*

舞子スノーリゾートへのオリオンスキーツアーこちらをクリック♪