スキー場選びは棲み分け具合をポイントに!おすすめ穴場スキー場6選

未分類

スキー場を選ぶとき、何を基準にしていますか?
アクセスやリフト料金、サービスチケット辺りは気になるところですが、そういった条件を揃えたとしても、混雑していたりゲレンデレイアウトが自分に合っていなかったりと、思うように滑れなかった経験があるかと思います。
今回はより快適に楽しめるスキー場を「棲み分け具合」で厳選して6箇所、ご紹介します。

技術レベルで棲み分けがスッキリ快適!舞子スノーリゾート

旧称、石打後楽園スキー場でお馴染みの方も多いかと思いますが、現在は「舞子スノーリゾート」に変わっています。
想像よりもゲレンデは広くて棲み分けが快適なレイアウトとなっています。滑走バリエーションも豊富で、ロングコースとして滑ると全長6kmもあります。

ゲレンデは「舞子エリア」と「奥添地・長峰エリア」に分かれていて、初心者の方は舞子エリアでじっくりのんびりと滑ることができます。
上級者は長嶺エリアのゴンドラパーキング側からアクセスして、ゴンドラで一気に山頂へ行くのがおすすめです。

とりわけ中斜面が多く、舞子エリアのドルフィンコース、ブロンズコース、ゴールドコース、シルバーコースはリフト1本で色々選べるので、流したり練習したりと楽しめます。
競技会などが行われる「リーゼンコース」は開けたバーンで長さもしっかりと取られていて、トレーニングには最適です。

またゴンドラが快適な奥添地・長峰エリアも中級者向けバーンが主体で、こちらはロングクルージングも合わせて楽しめます。
ゴンドラで山頂へ上がったら、「ルンルンコース」や「ランランコース」がありますので、初心者はここで練習ができます。
長い距離を滑りたくなったら、中級者向けの「スイスイコース」や「グイグイコース」に挑戦してみてもいいでしょう。

棲み分けされているコースレイアウトなので、どのバーンも激混み!という事はなく、安全快適なのもおすすめポイントです。

《アクセス情報》
車:関越自動車道練馬I.Cから約2時間、塩沢石打ICから約1分
電車:越後湯沢駅から無料シャトルバスで約30分

コンパクトながらもバーンは広くて安心!北志賀小丸山スキー場


北志賀小丸山スキー場はコンパクトなゲレンデレイアウトです。
上級者は近隣にある北志賀竜王スキーパークに行く人も多いので、そこまで混雑せず初心者の練習には隠れ家的なスキー場でおすすめです。

ご覧の通り、バーンが広いです!これだけ幅があれば、タイミングをずらすだけでお互いの距離が保てるので、安心して滑りに集中することができます。
またゲレンデレイアウトもハッキリしていて、リフトでうっかり上級者コースの山頂に行ってしまうといった事もほぼ無いと思います。

上級者は完全に上のバーンで滑るレイアウトなので、初心者の乗るリフトも明確です。
またそのバーンはナイターも営業しているので、より長く楽しめます。

《アクセス情報》
車:中野I.Cから約15km
電車:湯田中駅からはタクシーで約15分

次々と乗るリフトを変えて楽しむ!湯沢中里スノーリゾート


湯沢中里スノーリゾートは横に長いレイアウトで、大きく2つの山頂に分けてバーンが構成されています。
山頂は主に中・上級者のバーンがありますが、麓へ降りていくコースは初級者から上級者まで斜度で分かれていて、全ての方が楽しめるようになっています。

初心者向けのコースや設備が充実していて、右端のコースにはスノーエスカレーターもあるので安全です。

リフトがまだ不安という方にとって、このエスカレーターは天国です。
ここでしっかり止まれるように練習するのがおすすめです。
そして慣れてきたら左端のバーンにある「第6ゲレンデ」に移動しましょう。

レイアウトMAPを見て頂ければおわかりかと思いますが、第6ゲレンデは左端で、しかも山頂から上級者がアクセスしてくるようなバーンでも無いため、空いていてとても快適です。
ここに籠もってじっくりとターンの練習をすることもできます。

《アクセス情報》
車:湯沢I.Cより約5km
電車:越後湯沢駅より無料シャトルバスで約20分、越後中里駅より徒歩0分

老舗スキー場は多数のコースに温泉が魅力的!戸狩温泉スキー場


戸狩温泉スキー場は老舗スキー場です。所在は長野県飯山市で、この辺りは豪雪地帯で有名です。
そして温泉と名が付く通り、湯に浸かってのんびり過ごすこともできるおすすめな隠れ家的スキー場です。

穴場としてご紹介する理由は、数多いコースレイアウトのおかげで人が分散するというメリットがあるからです。

大きく見て山頂は3つ、様々なレベルのバーンが用意されているので、友達同士技術レベルが異なってもちょっと別れて滑ったり、どのようなシチュエーションでもカバーできるでしょう。
コースの数が多いので、MAPを片手に標識を見ながら滑るといいでしょう。

そして、山頂へ上がった際に楽しめるポイントがあります。

見事な景色です!これを眺めながら滑走すれば贅沢なひと時となるでしょう。

飯山エリアとなれば楽しみなのが、外湯です。戸狩温泉にも外湯があります。
ゲレンデからも近いので、疲れた体を癒やすのにぴったりです。

《アクセス情報》
車:豊田飯山I.Cより約25分
電車:戸狩野沢温泉駅よりバス・タクシーで約5分

パノラマリフトで全てのコースへアクセス!サンメドウズ清里

サンメドウズ清里は関東からだとかなり身近な穴場スキー場だと言えるでしょう。
レイアウトはコンパクトで、山頂から全てのコースへアクセス可能なのが特徴と言えるでしょう。

スキー場の位置的には、豪雪地帯とも言えないところですが、1900mの標高からレイアウトされているコースにスノーマシンが配備されており、ゲレンデコンディションを保つ運営がされています。
2018、2019シーズンは4月7日まで営業をしていた実績があるので、十分に楽しめるコンディションが期待できます。

そして、何と言ってもおすすめなのが富士山も拝めるロケーションでの滑走です!
天候に恵まれたら、きっと壮大な景色が楽しめるでしょう。公式サイトでもSNSでアピールされています。
混雑度合いも低めなので、初心者にピッタリかもしれません。

《アクセス情報》
車:長坂I.Cより約20分
電車:清里駅よりタクシーで約5分

複数のエリアで飽きが来ない!菅平高原スノーリゾート

菅平高原スノーリゾートはかなり広大なエリアで構成されています。
大きく分けて「ダボス」「太郎」「パインビーク」3つのエリアが存在していて、「パインビーク」は少し離れた位置にあり穴場です。

但し移動に時間が取られるので、行ったり来たりというよりは、午前中をパインビークで、午後はダボス・太郎エリアで、といったパターンがおすすめです。

そしてダボス・太郎エリアが広めなのでこちらに人が集中する傾向にあり、初心者で快適さを求めるならパインビークエリアを選択しましょう。
1日籠もっても楽しめるぐらいコースがあるので、日帰りだけではなく複数泊してエリアを変えながら楽しむ、といった事も可能です。

《アクセス情報》
車:上田菅平I.Cまたは須坂長野東I.Cより約30分
電車:上田駅よりバスで約55分

スキー以外の施設も充実!黒姫高原スノーパーク

黒姫高原スノーパークは景色が良く、パークの名の通り、様々な遊びが楽しめるスキー場です。

またスキー・スノボエリアは、比較的コンパクトな構成ながら、フリースタイル向けのパーク設備が整備されているので、こちらも色々と楽しむことができるでしょう。

上級者のバーンは中央のメインリフトである第1クワッドから更に乗り継いで上へ運ばれる仕組みになっているので、初心者がうっかり登ってしまうこともなく、安心です。

またパーククリエイターが常駐してコース管理しているので、フリースタイルで楽しみたい方には、特におすすめのゲレンデです。
輸送力のあるクワッドリフトで上がった後は、上級者だと更に上、中級者と初級者はそれぞれ思い思いのコースに分散されていくので、混雑せず快適です。

《アクセス情報》
車:信濃町I.Cより約6分
電車:黒姫駅より無料シャトルバスで約20分

まとめ

ゲレンデで過ごす時間が快適だと、スキー・スノボそのものも楽しさが増しますし、上達も早いでしょう。
アクセスについても、出発・帰宅時間で変化をつけて交通量増減を避けると、一気に快適度が増します。
今回おすすめした穴場スキー場をご参考いただき、ぜひ充実したスキー・スノボライフを送って下さい!

RELATED COLUMN のスキー場コラム