スキー上達の秘訣!初心者にオススメの滑り方と練習方法

未分類

スキーとスノボの大きな違いは、板の形状。スキーは左右の足が分かれているため、スノボより自由度に優れます!

しかし、問題は滑り方……初心者と上級者の違いが一発で分かってしまうんです。
初心者は板を「ハ」の字にしたボーゲンという滑り方でスピードがでていないのに対し、上級者は板を平行にしてヒラヒラと滑っているので一目瞭然。

でも、ボーゲンには大切な基礎がいっぱい含まれています。
この記事では上達のポイントを紹介していますのでぜひ参考にして下さい。目指せ、脱・初心者!

上達への早道!初心者の間にボーゲンでしっかり滑ろう

まずは初心者に最適な滑り方、ボーゲンの基本について抑えておきましょう。
上級者でも立ち返る事があるボーゲンは、基本的なテクニックが詰まっています。
しかもリフトに乗る前、平地である程度の確認・練習が可能なので、ウォーミングアップを兼ねてぜひ平地トレーニングをオススメします。

・基本姿勢
ボーゲンの基本姿勢は、スキー板で作り出す「ハ」の字です。板を平行にして自然に直立し、「板の先端=トップ」はそのままで「板の後ろ=テール」を少し開きます。

太ももの内側に少し力を入れてこれを維持しましょう。
また、斜面に出て滑り出すと、怖くなって体が後ろに引いてしまいがちに。
足首に力を入れて、スネがブーツ前に当たる前傾姿勢を維持するのも大切ですね。

ちなみに滑っている時のイメージは、雪面が「トースト」、両方の板で「バターを塗り続ける」、です。

・止まり方
スキー板のトップは維持したまま、テールを更に外側へ左右均等にじわっと押し出し続けると、減速してやがて停止できます。
スキー板の操作が左右均等、滑らかにできるまで、閉じたり開いたり、ウォーミングアップを兼ねて反復します。
片側だけスムーズに出来ない場合は、「スキー板=バターナイフ」が「雪面=トースト」に対して立ち過ぎているから・・・トーストに穴が空きそうだ、という事です。


体が偏っていると、うまく両足の操作できません。体重を左右均等に掛けることを意識して、そのままテールをじわっと押し出してみましょう。

・曲がり方
両手を広げて羽根をイメージしつつ、左に曲がりたいときは右手(ターン外足側の手)、右に曲がりたいときは左手(ターン外足側の手)を少し下げるだけ。
そうする事で、自然と体重移動=荷重が効くので、簡単に曲がることができます。

スピードを抑えるのにも効果があるので、自分がコントロールできるスピードを維持するためにも曲がりましょう。

ある程度慣れてきたら、曲がり方の方法や質を上げていくと上達の近道になります。

視線も重要で、まずは視野を広げるためにも徐々に目線を上げることを意識しましょう。進む先を見つめるようになれたら理想です。

次の手法です。
外足に荷重して曲がるのが基本ですが、体の向きを進行方向に少し向けることでも、簡単に曲がることが出来ます。
視線も自然とそちらへ向くようになるので、オススメですよ。

・転び方
意外と重要なのが、転び方です。
まず知っていてほしいのは、雪面プラス斜度が付いていると、「転んでも思ったほど痛くない」という点です。
それを踏まえた上で、怖がらずに両手を挙げて、お尻から雪に付くように意識して転びましょう。手を付いて転ぶと、骨折などの原因になります。
自分でコントロールできないスピードかな?と思ったら、すぐ転んでしまうのも大切ですね。

脱初心者で更に楽しくなる!パラレルターンの習得

・パラレルターンとは
パラレルターンとは、両足のスキー板を並行に保って滑る方法です。

やっぱり、いち早くボーゲンを卒業したいですよね!
ですがボーゲンの項目でも取り上げましたが、実はボーゲンにもパラレルターンへのヒントは隠されています。
まずはしっかりとボーゲンの練習を行いましょう。

・パラレルターンのコツ
まずは外足荷重でターンが安定していること。
後に触れる、片足だけでも滑ることが出来るように慣れば、パラレルターンは出来たも同然と言えます。

そしてある程度のスピードが必要だという事も覚えておきましょう。
と言っても、単に暴走するのではなく、スピードに対していつでも止まれるようにコントロールできる事と、スピードに対する恐怖感を無くす=慣れが必要という意味です。

パラレルターンのトレーニング方法

トレーニング方法

・ボーゲンで止まる時、両足を揃えるように意識してみる
パラレルターンへの練習で取っ掛かりにオススメなのがコレ。
まずボーゲンで止まる時も、ターンして止まるように意識します。
そして止まるときにゆっくりと内足を外足に引きつけて揃える練習を行います。

この練習は、多少スピードを付けたほうが上手くやりやすいので、安全なところで余裕を持ってチャレンジしてみましょう。
ここでも、まずは止まることから練習ですね!

・片足でターンできるようにする
パラレルターンの練習方法と言えば、片足リフトです。
最初は一瞬でOK。次はターン中数回浮かせてみる、次に浮かせる時間を長くしてみる、といった具合にチャレンジしてみましょう。
どんどん外足荷重が必要となってきますし、そうした方が滑りやすいと感じるようになりますよ!

・プルークボーゲンで確認してみる
ボーゲンは日本のスキースクールの場合、正確にはプルークボーゲンと呼んでいます。
ボーゲンスタンスで確認できることは多々あり、片足リフトの練習に加えて板の操作具合も確認できますよ。
左右のターンを自在にズラして滑ることが出来るかどうか。
少しずつスピードを上げて、キレイにターンが出来るかどうか。
目線に余裕が持てているか、等々。

注意点

・いきなり急斜面で練習しない

スピードがある程度必要なのは確かですが、斜度に頼ってはいけません。自分も周囲も、かなり危険です。
自分だけの問題ではなく、急斜面ともなると、上級者がとんでもないスピードで滑ってくる恐れもあります。
自分と相手、技術に基づくスピードの差が、大事故につながる恐れもありますからね。

場合によってはリフトに乗せてもらえない事もありますよ。
イケる!と思って登ってみて、万が一「あ、これはムリだ」と感じたら、リフト係の方に申し出て、降ろしてもらいましょう。
上達すれば、緩斜面でもスピードを落とさずに滑ることが出来るようになるので、まずは確実に止まれる斜面から始めましょう。

・板を平行の状態にして体重をかけること
まずは外足荷重で練習を進めるわけですが、疎かになりがちなのが残されている内足の存在です。
これはある程度自然に揃うものではありますが、それでも平行を意識した方が良いのは間違いありません。
慣れないうちは、ターン後半から平行気味に。
自信が付いてくれば最初から平行を意識して。

ここでの最終目標としては、内足の荷重は行わず、足の重さだけで設雪して、平行に揃えるように力を入れておくことです。

カービングターンとは?キレイに圧雪されたゲレンデに、鮮やかな弧を描く!


カービングターンという言葉は、スキー板を購入しようと思って調べたりしていると、よく出てくるキーワードでしょう。
スキーやスノボは、サイドエッジが曲線状に加工されています。
これがある事によって、荷重するだけで自然に曲がってくれるようになり、更に言えば、荷重を掛けると板がたわんで様々なカーブを描けるようになるんです。

そしてボーゲンは雪面にバターを塗るようなめらかに滑らせてターンするのですが、カービングは削るようにサイドにずらしていきます。
そうする事で、スピードを上げつつきっちりとターンができるので、雪面にキレイなターン弧を描けるのです。

コツは荷重ポイント=ポジションにあります。
平地で飛び上がって、膝のクッションを少し大袈裟にして着地、その直後完全に直立はせず、少しかがんだ状態がベストポジションです。

そして、ターン開始から終わりまで、常にスキー板を真上から踏んでいるような足裏の感覚を意識することが重要。
この感覚の位置は、以前は拇指球(親指の付け根)の辺りが中心でしたが、今はカカト寄りとなってきています。

この荷重ポイントは、慣れてくればシチュエーションに合わせて色々と変化させられるようになります。個人的には中央がオススメ!

ターンの最初は少しつま先寄りに、ターン終盤はカカト寄りに荷重を動かしてあげると、ターンをしても減速しないどころか、更に加速したりと自由自在に!
普段から足裏感覚を身に着けておくと、スムーズなカービングターンに結び付けられると思いますよ。

カービングターントレーニングのオススメ、プルークスタンスで行う練習方法

出来るとカッコイイ+気持ちいいカービングターン。練習は地味に地道に……。

トレーニング方法

・緩斜面で片方のエッジを立てて、グイグイ押しながら斜行してみる
そもそもエッジに乗る感覚というものを、足裏でも感じられるようにする必要があります。
簡単な方法としては、ボーゲンスタンスで片足のエッジを立てて斜行してみる事です。
この時、ズンズンズンと荷重をかけたり抜いたりしながら、滑ってみましょう。
ゲレンデを横切るので、周囲には注意が必要です。人が居ないところで行いましょう。

・内スキーを外スキーに重ねて滑る
これもボーゲンスタンスで行うと良い練習ですね。
重ねると言っても、トップをちょっぴりクロスさせるだけでOK。要するに、外足荷重がしっかりしていることが大事なので、内足に頼らないポジションを知る事が、この練習の目的です。
スピードがある程度出ていないと逆に難しいので、かなり余裕が出てきたらチャレンジしてみましょう!

上手くなれば、完全に板をクロスさせてもスイスイ滑れるようになりますよ!

ちなみに更にその先になると、両足荷重に変わっていきますので、まずは外足から練習ですね。

注意点

・頭を倒しすぎない
カービングターンに辿り着くまでのいくつかの要素をすっ飛ばしてしまうと、あるあるなのが頭を倒しすぎる事です。
頭が倒れるというのは、ターン内側に倒れすぎている状態を指していて、これを内倒と言います。

過度な内倒は危険です。適切なポジションで板に荷重できないので、板なりのカーブしか描けなくなるのです。
また、ターン中の荷重によってスピードを一定に保ったりする事も大切な要素になるので、コントロールが効かなくなる倒しすぎの姿勢は良くありません。

・目線を平行にする
体が内倒すると、視線も傾きますよね。これも倒しすぎなどのサインになります。
上手い人のターン中画像を見ると、かなり倒れているように見えるのですが・・・ゴーグルを見ると倒れていないのがわかると思います。

つまりまずは外足重視の荷重練習でポジションを覚える事によって、ターン中の適切な荷重ポジションが理解できます。
慣れてくるとポジションを前後に動かして、自在に操れるようになっていきますし、スピードも上げることが出来ます。
そしてスピードが上がってくれば、だんだんと体が倒れて来るんですね。そのスピードではその傾きが最適!と理解できるのです。

まとめ

スキーに行くシチュエーションは色々と考えられますよね。

練習で滑り出す直前に、今回挙げたポイントの中から、意識する事を1つか2つだけ確認して、それだけに集中すると良いですよ。

初心者同士で行く場合には、お互いに確認し合いながら。
もし初心者を連れて行く中級・上級者の方がおられたら、ぜひ初心者さんのペースに合わせて、じっくりと練習させてあげて下さい。
マイペースで着実な練習が上達の早道です。

RELATED COLUMN のスキー場コラム