春、白馬八方尾根スキー場に行ってきました!

白馬八方尾根

体験レポート

全国的に空前の暖冬少雪となった今シーズン、白馬八方尾根スキー場では下部ゲレンデがなかなかオープン出来ませんでした。
セントラルコースを除く全コースが滑れたのは2/8(土)~2/15(土)の8日間のみ。
ただし、標高の高いスキー場中~上部には今も積雪が豊富にあり、春スキー&スノーボードを楽しめます。

白馬八方尾根

白馬八方尾根

白馬八方尾根スキー場に行くツアーはこちら

末広がりの中斜面、パノラマコース(写真上、最大25°/平均16°)はシーズン中の人工降雪も相まって好コンディションを維持しています。
緩やかな林道コースで迂回も出来るため初級者も安心して滑れます。
ゴンドラを降りて正面に広がる急斜面の兎平ゲレンデ(写真下、最大斜度31°/平均斜度23°)の、南側の圧雪ルートも快適。
そして雪が緩んできたら、アルペンクワッド沿いにできる八方名物の大きなコブにチャレンジしたいところです。

白馬八方尾根

白馬八方尾根

白馬八方尾根スキー場に行くツアーはこちら

標高が高くて北向きの黒菱ゲレンデ(写真上下、最大斜度31°/平均斜度27°)は雪質が安定しています。
黒菱第3ペア沿いは非圧雪の急斜面ですが、黒菱第2クワッド沿いはフラット&ワイドな中斜面。
上級者はもちろん初級者や中級者にもおすすめです。晴れれば白馬三山(写真上)を横目に滑れます。

白馬八方尾根

スキー場トップに位置するリーゼングラートコース(写真、最大30°/平均13°)では五竜岳(写真中央)と鹿島槍ヶ岳(写真左奥)、白馬三山が間近に聳え、北東に戸隠連峰や妙高山、火打山、東に浅間山、南に八ヶ岳と360°のパノラマが楽しめます。グラートクワッド沿いに圧雪が入るため初~中級者でもここまで来ることができます。

白馬八方尾根

全長約3,000mの名物コース、リーゼンスラロームコース(最大30°/平均20°)には昨シーズン導入された最新の人工降雪機のお陰で積雪が十分にあります。
途中から迂回する林道コース(写真)もしっかりと整備が入って滑りやすいです。

白馬八方尾根スキー場に行くツアーはこちら

RELATED COLUMN HAKUBA VALLEY 白馬八方尾根のスキー場コラム