スキー・スノボ女子は事前の準備が重要!気になる3つのポイント

スキー 女子 準備

アイテム

冬になるとウィンタースポーツに挑戦したい!という方もいるかもしれません。そんな時におすすめなのはスキーやスノボで、ツアーなどを利用することでお手軽にはじめられます。
そんなスキーやスノボは、実は事前に準備しておきたいことがあります。特にスキー女子・スノボ女子はしっかりと準備をしておきましょう。

意外な落とし穴!? 真冬のスキー場でも日焼けをする

ゲレンデ焼け スキー
真冬のスキー場は日焼けしない、そんなふうに思ってはいませんか?
特に女子は夏場に紫外線を気にすることも多いでしょうが、冬場はそこまでケアに力を入れていない、ということもあるかもしれません。しかし、スキー場は実は真夏のビーチ並みに日焼けしやすいと言われています。

ゲレンデでなぜ日焼けをするのか

スキー場は山の斜面に作られていることもあり、海などの平地と比較すると紫外線量が高くなります。標高が1,000m高くなると、平地と比較して10%も高くなると言われています。
また、スキーやスノボなどが活発に行われる2月は10月と同程度の紫外線量があるという調べもあります。雪に直射日光が照りつけ、雪への反射もあるため上からも下からも紫外線を浴びることになり、結果として夏場と比較しても劣らない紫外線量で日焼けしてしまうのです。

どのような対策をすれば良いのか

それでは、スキー場での日焼けを少しでも抑えたいのであれば、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

【日焼け止めを塗る】
夏場と同様、日焼け止めを塗ることに効果があります。スキーやスノボは意外にも汗をかくもの。ウォータープルーフタイプの日焼け止めであっても、効果を見込むためには2時間ごとに塗り直しをしておきましょう。

・日焼け止めを選ぶときの注意点
紫外線にはUVAとUVBという2つの種類があります。これらはそれぞれ影響が異なるため、どちらも防ぐことができるように対策をしておく必要があります。そのため、SPFとPAどちらも高い物を選びましょう。
また、ゴーグルなどを装着するため、できるだけジェルタイプの白くならない日焼け止めを選らぶのもおすすめです。

・唇の日焼けにも注意!UVカットのリップクリームが必須
日焼けをするのは何も肌だけではなく、唇も同様です。口元まで覆うことができるネックウォーマーをしたりするわけではないのであれば、UVカットの効果があるリップクリームを使用しましょう。こちらも日焼け止めと同様に頻繁に塗り直しすることが重要です。

【保湿】
肌が乾燥していると、より紫外線の影響を受けやすくなるとされています。そのため、十分な保湿が重要。できればスキー場に行く数日前からしっかりと保湿をしておきたいものです。

【見えているところは隠す】
日焼け止めや保湿対策以外にもできることといえば、できるだけ肌を露出させないこと。見えている部分はできるだけ隠しましょう。

・ネックウォーマー
首元を覆うタイプで、防寒対策としても利用できます。体温に合わせてずらして体温調節ができることも利点です。ただし、滑り落ちやすくゴーグルが曇りやすいためずれないよう止めておくと良いでしょう。

・フードウォーマー
首元はもちろん、口元や頭全体を覆うフードタイプのもの。すべてが一体化しているのでずり落ちる心配がない分、厚くなってきた時の調節が難しくなります。必要に応じて休憩時に着脱するようにしましょう。

十分に対策をしていても、日焼けはしてしまうもの。スキーやスノボを楽しんだあとは、しっかりとクールダウンしましょう。
日焼けをすると肌は炎症を起こしているため、火照っている部分を重点的に冷やしましょう。また、保湿も重要です。顔はフェイスマスクをして保湿とクールダウンを併せて行うことがおすすめです。

可愛いだけじゃダメ…。髪型の注意点

スキー 髪型 かわいい
せっかくのウィンタースポーツ、少しでも可愛く見えるようにオシャレして行きたい!という乙女心もあるかもしれません。
ただし、十分楽しむためには髪型選びには特に注意が必要なんです。

実用性重視で髪型を選ぶ

可愛い髪型にしたいものの、スキーやスノボを楽しむにあたって髪が邪魔になってしまう、なんてことも…。

ロングの場合は髪を下ろしておくのもいいかも…なんて思っていませんか?
滑る時に髪がなびいているのを見るのは確かに素敵ですが、髪型を下ろしておくと、髪が絡まってしまって

・フードが被りにくい
・ゴーグルが着けにくい可能性がある

と言う可能性があります。
また、雨や雪の日には髪が湿ってしまったり、冷気で髪が凍ってパリパリになって絡んでしまうこともあります。

ただ、一つ括りはフードを被ると髪が全て隠れてしまうので、おすすめは2つ結び。吹雪になった時のために三つ編みや編み込み、フィッシュボーンツインなどにしておくのが良いでしょう。

髪も日焼けをする

実は肌だけではなく、髪も日焼けをします。ケアをせずパサパサになってしまった…という体験談も。
オシャレを楽しむときは髪のUVケアもしっかり行いましょう。

乾燥しているスキー場では保湿が重要。洗い流さないトリートメントなどを使って表面を覆っておくことで少しパサつきを抑えられるかもしれません。
滑っている間はニット帽などを被っておくのもおすすめ。

もちろん、滑った後のケアも重要ですよ。

スキー場でもオシャレしたい!ニット帽に似合う髪型

ニット帽 髪型
せっかくのウィンタースポーツ、少しでも可愛く見えるようにオシャレして行きたい!という乙女心もあるかもしれません。
髪を保護しつつ女子ならではの可愛さを引き立たせることができる、ニット帽に似合う髪型をいくつかご紹介します。

ショート

ショートヘアの場合はアイロンを使ったアレンジが良いでしょう。
細めのコテを使ったMIX巻きや外ハネヘアなど、ニット帽に邪魔されない毛先を少し遊ばせるスタイルがおすすめです。

ロング

編み込みなどは言うまでもなく、オシャレ感をより感じたいという場合にはお団子をサイドでまとめて作るのもオシャレですよ。

前髪のある髪型

サイドの髪はもちろん、ニット帽に合わせるなら前髪も気にしたいですよね。
ゴーグルを着脱するときに前髪が邪魔にならないよう、横に流した前髪を少し大きめのピンなどで止めておく手軽なスタイルもあります。崩れを気にするのであれば、前髪も三つ編みでまとめちゃいましょう!

おすすめの髪型をいくつかご紹介しましたが、ケアに気を付けていればもちろんご紹介した以外の髪型だって全然OK!
髪を守りつつもオシャレを楽しみましょう。

知ってた?スキー場ではメイク崩れすることが多い

崩れない メイク スキー
オシャレには髪型はもちろんメイクも重要。でも、スキーやスノボは意外にも汗をかくことも多く、メイク崩れが女子を悩ませます。
そこで注意しておきたいポイントをご紹介します。

日焼け止めは塗りすぎに注意

日焼けを防ぐためには日焼け止めを塗っておくことが大切ですが、塗りすぎるとパリッと固まってしまうなど、メイク崩れの原因となります。
たくさん塗っても少し塗っても効果にはさほど影響はないので、SPFとPAを重視して選んだものを適量つけ、何度か塗り直しをしましょう。

防水性が大切

汗をかくとメイクが落ちたり崩れたりしやすいもの。そこでコスメを選ぶ場合にはウォータープルーフタイプを使用しましょう。
特にゴーグルをする目元などは崩れやすいので、眉や目元のメイクには気を付けましょう。

コーディネートも重視

スキーやスノボのウェアはカラフルな色合いのものが多くなります。
特にレンタルの場合は選べるデザインも限りがあるので、カラフルなウェア+カラフルなメイクになると、少しガチャガチャしてしまう可能性があります。
メイクはウェアとの相性も考えておこないたいですね。

可愛さをキープしたい!ゲレンデメイクのポイント

では、スキー場で映えるメイクとはどのようなものなのでしょうか?
雪が積もっているゲレンデでは、雪がレフ版のような役割を果たすため、肌の色を気にしてファンデーションをたくさん使う必要はありません。

ポイントメイクだけにする

スキー場では普段と同じように気合いを入れてメイクをする必要はありません。ポイントを抑えてメイクをしましょう。

・アイメイク
先ほども述べたように、目元は濃くしすぎないことがおすすめ。
ウォータープルーフのものを選ぶのはもちろん、普段よりも薄くすることが大切です。

・チーク
チークはパウダーよりもクリームがおすすめ。
ブラシがなくても化粧直しができるだけではなく、持続力も期待できるでしょう。

・リップ
口紅を塗るのも構いませんが、そこまでガッツリせずとも色付きリップ程度で十分です。
色付き+UVカット効果のあるリップを塗っておきましょう。

ベースが大切

しっかり行う必要があるのはベース作り。
紫外線も気になるので、化粧水や乳液での保湿+日焼け止め+下地でしっかりとベースを整えましょう。

メガネ女子必見!メガネをかけたままスキー・スノボを楽しむ方法

メガネ スキー
ゴーグルをつけるとメイク崩れしやすい…なくてもいいのでは?と思っているあなた。
ちょっと待ってください。スキーやスノボ女子にゴーグルは必須アイテムなんです。

ゴーグルの必要性

スキーもスノボも、基本的に野外で滑り続けます。雪が降っていたり風が吹いていたりと、目をずっと開けていられる状態ではないことがほとんどです。視界を良好にキープするためにも、絶対にゴーグルをしておきましょう。
また、紫外線は目からも吸収されます。アスファルトの地面よりも強い紫外線を浴びすぎると目を傷めてしまう可能性があるので、紫外線をカットできるゴーグルはとても重要です。

メガネをかけたまま滑る方法

では、メガネ女子はどうしたらよいのでしょうか?

【メガネ+ゴーグルの製品を購入する】
実は、メガネの上から着用できるゴーグルが発売されています。そういったタイプはパッケージにメガネにも対応していることが記載されているはずなので、メガネ女子は購入する際に記載があるかを確認しましょう。
ただし、メガネとゴーグルがしっかりとフィットするかも確認しておきたいもの。できれば購入前に試着をして、ずれたり痛くなってしまったりしないものを選びましょう。

【インナークリップを使用する】
メガネ+ゴーグルはちょっと…と思った人には、インナークリップという商品もおすすめ。これは度付きのレンズを内側に装着できるもので、二重で付ける必要もないのでフィット感があります。
ただし、別でレンズも含めて用意する必要があるので、お値段はかさばるかもしれません。

ゴーグルがなくても滑ることはできます。ですが、目の保護を考えて必ずゴーグルをしておきましょう。

スキー・スノボの後のケアも重要

事前の準備も大切ですが、スキーやスノボを楽しんだあとのケアも重要です。

お肌のケア

日焼けのケアや保湿はいうまでもなく、滑り終わったあとには塗った日焼け止めやメイクを落としすことも大切。
ニキビやかぶれなどを起こさないよう、しっかり洗い流しましょう!

身体を温める

スキー場はやはり冷気が身体を冷やします。滑っている最中は温まっていても、滑り終わったあとには身体が冷えて新陳代謝が落ちてしまう可能性も。
血行を促進するためにも、温泉できちんと身体を温めたいものです。入浴中にはマッサージなどで全身をケアすることもおすすめです。

まとめ

スキーやスノボは楽しいスポーツなので、せっかくの思い出を事前の準備不足で嫌な思い出にはしたくないですよね。
特に女子は準備しておきたいことも盛りだくさんですが、逆に言うと準備さえ怠らなければ思う存分楽しめます。
日焼け・髪型・メイクの3つに気を付け、しっかりと準備して、冬の素敵な思い出を作りましょう。

関連記事>>>スキー・スノボに行くときアクセサリーはどうしたらいい?
関連記事>>>スキー・スノボにネイルは危険?ロングネイルは怪我の原因に?
関連記事>>>かわいくて崩れにくい!スキー・スノボにおすすめのヘアアレンジは?

RELATED COLUMN のスキー場コラム