北千住・赤羽発で楽しめる関東近郊で朝発日帰りツアーのスキー場4選

ツアー

スキーやスノボを楽しむためには、ゲレンデにいかなければいけませんが、自分の車や電車などでは移動に関する負担が大きくなってしまいます。
東京の北千住や赤羽発の朝発日帰りツアーなら、こうした負担を考えずに日ごろ忙しい人や始めたばかりの初心者でも手軽に楽しめるでしょう。

魅力あふれる朝発日帰りバスツアー


日帰りでスキーやスノボのツアーに参加するのは、気軽に参加できるのが魅力です。多忙な人でも参加しやすいのは、大きなメリットになるでしょう。
朝出発ということで宿泊はしませんが、リフト代も含まれているものが多く、自分の車で行くときにかかる駐車場代など出費がかさまずに済みます。運転もしないで済むため、疲れることもありません。滞在時間も長くなるように設定されており、ぎりぎりまでスキーやスノボを楽しめます。
新幹線は便利ですが、どこのスキー場でもアクセスできるわけではありません。朝発日帰りツアーなら、スキー場横付けですので、電車ではアクセスしにくいところでも楽しめます。

おすすめできるのは関東地方のスキー場


関東地方のスキー場は、都心から2~3時間以内で到着できるところが多く、移動時間を抑えられます。その分ゲレンデで楽しむ時間を長くできるのはメリットでしょう。
都心からのアクセス性の良さは、各高速道路の充実がポイントです。宿泊しないで楽しむという面で、関東地方の日帰りツアーとしてみてもぴったりの環境です。
山中にある群馬県の丸沼高原などでも、関越道練馬ICからでも2時間20分で到着できる距離にあります。ほかにもアクセスのいいゲレンデが多数あるため、関東地方のスキー場はおすすめです。

ゲレンデの距離も長い川場スキー場(群馬県)

群馬県にある川場スキー場は、首都圏からも約2時間の距離にあるアクセスの良さで知られています。上級者コースが中心にあり、中級者コースが右側に配置してあるのが特徴で、最長3,300mにも及ぶ長さを持っています。
山頂側にも初級者コースがありますが、リフトが心配なときには、ふもと側にも作られているので安心して滑れるレイアウトです。このふもと側の桜川コースは、全長も1,300mと長く、最大傾斜も16度とフラットに作られており、初心者でも練習に不安を覚える要素がほとんどありません。上級者から初心者まで幅広く楽しみやすいスキー場のひとつです。

しっかりと圧雪してあるハンターマウンテン塩原(栃木県)

栃木県のスキー場の中でもアクセス性が良く、都心からでも十分日帰り範囲になるのがハンターマウンテン塩原です。
3,000mを超えるダウンヒルが特徴で、爽快感あふれるレイアウトを持っています。山頂にたどり着いたときに見える眺めも絶景です。
初心者でも重要ですが、新雪のパウダースノーは気持ちが良いように見えて、スノボなどではエッジが効かずに滑りにくい場合が出てきます。ハンターマウンテン塩原では、降雪量も多いものの、しっかりと圧雪して整備してあるため、安全に滑れる環境がポイントです。
初級用のコースも数多く用意されており、中腹あたりから滑れるのも大きな魅力になっています。

様々な楽しみ方ができるエーデルワイス スキーリゾート(栃木県)

東北道浦和ICから、2時間半程度の距離にあるのが、エーデルワイス スキーリゾートです。アクセスの良さで知られている栃木県のスキー場のひとつで、広いコース設定がファミリー向けといわれています。
初心者向けのコースが複数ありますが、特徴は500m以下のコースが多いところです。あまりに長いと練習したくても辛くなってしまう人には、この長さがぴったりでしょう。ファミリーゲレンデは、平均斜度も5~9度となだらかで、初心者にも最適です。少し慣れてきたらスマイルコースの平均斜度11~15度にチャレンジできるなど、段階を踏んで楽しめます。長い距離が良い時には、センターコースが作られており、平均斜度13~27度と練習にぴったりの作りです。

積雪量の多いマウントジーンズ那須(栃木県)

首都圏から2時間程度の距離にありながら、積雪量の多いスキー場として知られているのが、マウントジーンズ那須です。日帰りにぴったりの環境で、大自然も堪能できます。
巨大なスキー場ではありませんが、その分仲間とはぐれてしまうようなリスクがありません。ビギナーズパークが用意されており、最初の練習でも楽しめるように作られています。リヴァーランズロードは、全長550mで初心者にはちょうど良く、平均斜度9度、最大斜度14度とはじめての方にも滑りやすいフラットな環境です。止まり方などに不安があるときや、初心者同士で滑り始めるときにも、適しているコースになっています。

北千住・赤羽発の日帰りツアーのおすすめポイント


都心部の出発として、東京の北千住や赤羽発の朝発日帰りツアーは便利です。出発時間はだいたい朝6時30分から7時発と、そこまで朝早くもありません。それでいながらも、滞在時間は約6時間とられており、かなりみっちりと滑りを楽しめる設定です。
移動時間で見ても、関東地方のスキー場であれば、2時間程度の時間を見ていれば到着できます。移動の負担はかなり身体に影響しますが、この程度であれば一眠りしている間にスキー場に到着です。
日帰りツアーであれば、運転に心配のある人も安心していけます。渋滞に巻き込まれ運転で辛い思いをする必要もなく、手軽に楽しみたいという学生でも参加しやすいプランがそろっています。

まとめ

朝発日帰りバスツアーは、関東地方のスキー場との相性も良く、利用しやすい内容がそろっています。宿泊しなくても各地の雪を楽しめますし、車を用意し冬仕様にするなどの負担もありません。電車でアクセスできないような場所でも楽しめるため、関東近郊で幅広い選択肢も魅力です。

RELATED COLUMN エーデルワイススキーリゾートのスキー場コラム