朝出発して日帰りで楽しめる!横浜発のスキー・スノボツアー9選

ツアー

一度スキー・スノボをやってみたいけど、雪道の運転が不安だし、どのスキー場がいいかわからない。
そんな初心者の方には日帰りで気軽に参加できるバスツアーがおすすめです。
この記事では、横浜から出発するスキー・スノボツアーの行先9か所をご紹介します。
初心者におすすめなポイントを中心に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

北志賀竜王スキーパーク:長野


「北志賀竜王スキーパーク」は日本でも数少ないパウダースノーが楽しめるスキー場です。
3つのエリアから構成されており、その中でも山麓エリアの下部は斜面が緩やかになっています。そのため、初・中級者も快適な滑走が楽しめます。
山頂の「スカイランドエリア」へ移動するロープウェイは、166人乗りと世界最大級の乗車数です。標高980mの山麓から標高1,770mの山頂まで10分で上ることができます。
「アドベンチャーパーク」では雪上バギーなどのアクティビティも用意されているので、スキー・スノボで上手く滑れなくてもゲレンデを楽しむことができますよ。
また、山頂を降りたところにある「SORA terrace」にはカフェが隣接されており、ラグジュアリーな空間でカフェメニューを堪能できます。

X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場:長野、群馬


群馬県と長野県をまたぐスキー場「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」。広大な面積を持つスキー場として多くのスキーヤー・ボーダーが訪れます。
もともとは個別に分かれていまいしたが、現在は統合されているので、リフトと連絡コースでつながっているので、行き来することが可能です。
「X-JAM高井富士」は、パークの種類が豊富なことからスノーボーダーに特に人気です。初心者向けのパークもあります。
「よませ温泉スキー場」はプロボーダーも集まる本格志向のスキー場ですが、麓にある「乙女ゲレンデ」は幅が広く傾斜も緩やかなので初心者にもおすすめ。
真剣に取り組む人が多いので、これからスキー・スノボを上達したいと考えている方にはうってつけの場所ですよ。

車山高原SKYPARK:長野


「車山高原SKYPARK」は、ワイドなゲレンデが特徴で初心者向けコースも豊富に揃ったスキー場です。
高い標高のゲレンデは雪質がよく、人工造雪機も備えているため常にコンディションの良い状態が保たれています。
また、晴れの確立も高いことから時期に関係なく状態のいいゲレンデでの滑走を楽しむことができます。
公式HPでもゲレンデの状況などが発信されていますので、晴れていそうな時期を狙ってツアーの日取りを考えることも可能です。

白樺湖ロイヤルヒル:長野

「白樺湖ロイヤルヒル」は、80%と高い晴天率を誇るスキー場です。乾燥した気候により滑走しやすい状態が保たれています。
さらに人工降雪機もあり、12月から4月まで天候に関わらず快適に滑ることができますので、ツアー参加の予定が立てやすいです。
4人乗りのリフトで行くことができる「かもしかコース」は初心者向けのコースですが、1200mと長い距離の滑走を楽しむことができますよ。
「パノラマCコース」は幅が広く傾斜度が約15°となだらかなので、初心者でも気軽に滑ることができます。

しらかば2in1:長野

「しらかば2in1」は、360°開けた見晴らしの良いゲレンデが特徴のスキー場です。移動が速い高速クワッドリフトを導入しているのでどんどん滑って上達したい方におすすめです。
メインとなっているプレジャーゲレンデは幅が広く初心者も滑りやすいレイアウトです。レンタルショップでは、1時間1000円のお試しレンタルも行っていますので、「滑れるかどうかわからないけどやってみたい!」という方も気軽に挑戦できます。

たんばらスキーパーク:群馬


「たんばらスキーパーク」は東急リゾートが運営するスキー場です。
そのためゲレンデはもちろんレストランやリゾートセンターなどの各設備が充実していますので、女性の方でも快適に過ごすことができます。
都心から2時間半という立地にあるため気軽にアクセスすることができるところも魅力的です。傾斜が緩やかなコースが多く最大傾斜10°の場所もあるため、初心者の練習にも向いています。
シーズンも12月上旬~4月上旬と長いので、春スキーや卒業旅行、春休みの旅行にもおすすめのスキー場です。

ノルン水上スキー場:群馬


「ノルン水上スキー場」は、群馬県にあるスキー場では首都圏から最も近いスキー場です。
ゲレンデの規模はコンパクトですが、移動がしやすいので初心者が日帰りで訪れても十分楽しむことができます。
標高1220mの山頂からの眺めは景色がよく、日本百名山にも入っている日光白根山や赤城山を望めますよ。
センターにはレストランがいくつもあり、好みに合わせて昼食をとることができます。また、お土産も購入できます。

舞子スノーリゾート:新潟


「舞子スノーリゾート」は、最高滑走距離約6000mのロング滑走が楽しめるスキー場です。
施設も充実しており、日帰りでもリゾート気分を堪能できます。
「CAFETERIA VIEW」では多種多様なラインナップの食事が揃っており、昼食をとる場所にも困りません。
また、めずらしい雪上で行うBBQも人気です。道具などを自分で用意することなくBBQや焼きたてのピザが楽しめますよ。
温泉も併設されているため、滑り疲れたら温泉で癒されてから帰宅することも可能です。
シャンプーやクレンジング、ヘアブラシ、ドライヤーなど女性に嬉しいアメニティも充実していますので、準備がなくても安心です。

奥利根スノーパーク:群馬


豊富なコースの種類が魅力の「奥利根スノーパーク」。滑走距離が長いコースが多く滑りを満喫したい方に中級者以上の方におすすめです。
パークも揃っているので、ボーダーも楽しめますよ。
また、人工降雪機があるので、雪不足の心配がなくいつでもいいコンディションのゲレンデで滑ることができます。
レストハウスは昔懐かしい佇まいですが、席数が多いので待ち時間の心配なく食事をとることができます。できるだけ長く滑りたい日帰りツアーでは嬉しいポイントですよね。
食事もガッツリとした丼ものやラーメンから、軽めの肉まんなどまでそろっています。

横浜から出発する朝発日帰りツアーのメリット


朝発日帰りのスキーツアーは、朝に出発して10時から12時頃にスキー場に到着します。その日のうちに帰宅することができるのでお仕事などで忙しく長期の休みがとりづらい方でも参加できます。
出発地からスキー場までの移動時間によって滞在時間が変わるので、長く滑りたい方は近場のスキー場を選ぶといいでしょう。
スキー場は、食事ができたり温泉に入れたり、スキー・スノボで滑る以外の楽しみもあるので、小旅行感覚を満喫してみるのもいいかもしれません。
また、日帰りのツアーはお一人様も多いので友達と予定が合わなくても参加しやすいです。

まとめ


横浜から出発する朝発日帰りのスキー場をご紹介しました。
傾斜が緩やかなコースがあるところが多く、初心者がスキー・スノボを始めやすい行先がたくさんありました。
また、朝発日帰りのツアーは、現地までの距離が短く移動での疲れが少ないので、お休みの日に気軽に参加できます。
今年の冬スキー・スノボに挑戦したいと考えている方はぜひツアーへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED COLUMN X-JAM 高井富士のスキー場コラム