軽井沢プリンスホテルスキー場◆ファミリーやグループに最適!雄大な自然と融合した都市型リゾートスキー場

特派員現地レポート

スキーマガジン編集部特派員が実際に足を運んで生の声を届ける現地レポート。
今回は長野県軽井沢町の軽井沢プリンスホテルスキー場です。

2018年12月に45周年(1973年開業)を迎えた軽井沢プリンスホテルスキー場。
東京から新幹線で約1時間、上信越自動車道碓氷軽井沢ICから13kmとアクセス抜群!首都圏から新幹線での日帰りスキー場としても人気です。車も積雪の少ないエリアなので、雪道が少なくて運転が楽との声も。
またリゾートホテルやコテージ、ショッピングプラザなどが隣接し、老若男女が楽しめるアクティビティ充実のリゾート地として有名です。

ゲレンデは初心者から上級者まで変化に富んだ滑り甲斐のあるコース設計。各エリアにはキッズパークが併設してるため小さなお子様連れのファミリーも数多く賑わっています。

軽井沢の晴天率はなんと90%!
雪が降らないのに大丈夫?と心配の方もいるとは思いますが、夏は避暑地として有名な軽井沢だけあって寒い。
その寒さを活かした200基近くの人工造雪機・降雪機を導入し、むしろ雪不足とは無縁。その雪質は天然雪にも劣らないサラサラ。
オープンは長野県でも最早の11月(2018年は11月3日オープン)と、早くから初滑りが楽しめるのも軽井沢プリンスホテルスキー場ならではの魅力です。

それでは、特派員の私が訪れた12月25日時点*でのゲレンデ・コース情報をメインに写真付きで紹介します。
*浅間コース、アリエスカコース、ウエスト高速リフトを除く

山頂から扇状に広がる4つのエリアにゲレンデ・コース

軽井沢駅から見た軽井沢プリンスホテルスキー場。駅近なのがわかりますね。真正面に見えるのがプリンスゲレンデです
軽井沢プリンスホテルスキー場公式HPより。http://www2.princehotels.co.jp/ski/karuizawa/coursemap/

スキー場規模は中型で、ゲレンデは「日帰り」「イースト」「ウエスト」「アリエスカ」の4つのエリアで構成されています。
各エリアへ行くには、リフトを乗り継ぎ各コースを滑走し横に、また山頂から滑降の2パターン。

左から順に   緑:初級者 青:中級者 赤:上級者
・日帰り:パラレルコース、パノラマコース、くりの木コース、スノーマンパーク
  スキーセンターやレストランなどが充実

・イースト:浅間コース、ファミリーコース、プリンスゲレンデ、もみの木コース、スノーマンパーク
  軽井沢駅から一番近いエリア。プリンスホテルイーストから直ぐ
・ウエスト:スラロームバーン、うさぎ山コース、ちびっこランド
  ショッピングプラザ、プリンスホテルウエストに近いエリア
・アリエスカ:アリエスカコース
  ザ・プリンス軽井沢に近いエリア

スノーボードは全面滑走OK!スキーヤーとスノーボーダーの比率は7:3、若い男性中心にスノーボード、ファミリーや小学生・中学生、外国人はスキーという感じでした。中国語圏をはじめ欧米人など外国人も多く見られました。

日帰りエリア:ロングランが魅力の中級者コースと足慣らしに最適な初級者コース

リフト券売り場やスキー・スノーボードスクール申込ができる「日帰りスキーセンター」、手ぶらでも安心の「レンタルショップ」、お土産や万が一、手袋・ゴーグルなど忘れても購入できるショップ、大きな荷物も預けられるコインロッカーや更衣室など、すべてが揃っています。
駐車場から直ぐなので、日帰りスキーにおすすめ。

駐車場からすぐなので、日帰りスキーには最適
リフト券購入やスキー・スノーボードスクール申し込みはスキーセンターカウンターで
スキーセンター目の前にゲレンデ。ショップや2階にはレストランが併設、隣りの建物にはレンタルショップも
「Snow House」の1階はコインロッカー、更衣室、宅急便取扱、荷物預かり。2階は休憩室、授乳室、トイレ、パンダルマンキッズスクール受付があります

「くりの木コース」日帰りスキーヤーは、まずここでゆっくり足慣らし

初級者コース:最大12°、平均8° / 最長距離380m

今シーズン初滑りの方や久しぶりに滑る方など、ウォーミングアップにぴったりなコースです。
なだらかな傾斜で、まずは滑る感覚を取り戻しましょう。

ゲレンデすぐの「くりの木リフト」に乗って、まずはウォーミングアップ
最長380mと短めのコースなので、初心者や足慣らしに最適
コース下。緩やかな傾斜は練習にピッタリ。右側に小さなジャンプ台も
ゲレンデ横には初心者専用ゲレンデも併設されているので、まだリフトに乗れない初めての方はまずはここで練習

「パラレルコース」ストレートのロングランを快適に楽しみたい中級者におすすめ

中級者コース:最大17°、平均11° / 最長距離800m

中緩斜面で上部は幅広で緩やか。滑走者が少ないので、大回りのターンも楽しめます。
下に行くに従って斜度が少しずつ増していきます。

中級コースのため、プリンスゲレンデなどのメインゲレンデに比べて人もまばら。
浅間山の絶景を眺めながら、ロングランが楽しめるので、気分も爽快です。

上部は幅広で斜面も緩やか。大回りのターンで滑り降りれば気分爽快
中級者コースだけあって、人もまばら。下に行くほど傾斜がきつくなっていきます。一気に滑り降りるには快適
GoProから見た眺め。夕暮れに染まる空と浅間山を眺めながらラストクルージング

「パノラマコース」山頂から1kmを一気に滑降が中級者・上級者に人気

中級者コース:最大25°、平均12° / 最長距離1,000m

幅狭めのほぼストレートなコースで、上部は急斜面。
滑走者のほとんどは中級者と上級者で、閉鎖されていた迂回コースがあると思って下りてきた初級者には
何度も転んだり、横滑りしながら降りたりと滑走するには厳しい様子でした。
そのため人も少なく、中級者・上級者にはとっては滑り甲斐のあるコースと言えます。

こちらのコースに行くには、スキーセンター左前のパノラマリフトに乗るか、プリンスゲレンデから山頂まで上がり滑り降りるか。
山頂からノンストップで中級者コースのロングランを楽しめる唯一のコースになります。

上部は斜度25° ここの傾斜を踏ん張れば、心地よく滑降できる斜面が続きます
下から見たパノラマコース上部。チャレンジするにおすすめのバーンです
コースへ行くには、スキーセンター左のパノラマリフトで上がる、またはプリンスゲレンデのイースト高速リフトで山頂から滑走の2パターン。自信がない方は左に迂回コースも(閉鎖されている日もあるので注意)
左:スキーセンター前から見たパノラマコース 右:くりの木リフト乗り場と、くりの木コース

イーストエリア:家族連れやグループなど多くの人で賑わう、初級者向けメインエリア

「プリンスゲレンデ」幅の広い緩やかな斜面は、初級者におすすめ

初級者コース:最大13°、平均10° / 最長距離400m

滑走者も多く一番賑やかな軽井沢プリンスホテルスキー場のメインバーン。
軽井沢駅からも一番近く、ホテルなどがこのゲレンデを中心に集中した利便性の高いゲレンデです。
裾広がりの各コースを行き来する場合のポイントとなるゲレンデで、山頂へ一気に上がる高速リフトもここから。

滑走距離は短いですが、開放感あふれる幅広でストレートの緩斜面なので、初級者には最適です。

プリンスリフトを下りて直ぐの場所から見た眺め
コース上部。ストレートの広い斜面
プリンスゲレンデ上部が一番傾斜があります。両親や祖父から教わる子どもがいっぱい。ゲレンデデビューには最適
プリンスリフトから見た斜面上部
中盤から緩やかな傾斜が続きます